妊娠中に必須のクリーム!

妊娠中に必須のクリーム!その成分の違い

 

妊娠中は様々な体調の変化に悩まされます。免疫力が低下して湿疹ができたり、肌の不調に悩まされたりと、人によって違いがあります。特に、出産後まで大きな影響を残してしまうのが、妊娠線ですね。肌にひびが入ったように白く線が出てくるこの症状は、人によっては消えずに一生残ってしまいます。ですので、ぜひ妊娠中に予防とケアを怠らず産後もきれいなままの体を目指したいですね。

 

色々な種類の妊娠線専用クリームが販売されていますが、その成分にはどのような違いがあるのでしょうか?
まず、妊娠線の原因として考えられているのは肌の乾燥です。妊娠中は肌の乾燥に悩まされやすく、顔だけではなく全身がカサカサになります。肌は固くなり、その影響で線が出てしまうのです。

 

ですので、クリームには肌をやわらかくしたり保湿してくれる成分が豊富に含まれています。保湿にも、ハチミツであったりアロエであったりシアバターであったりと様々ですが、石油系の原料が使われているものもあります。どれも保湿には十分な効果を期待できますが、石油系はお肌に蓋をしてしまう可能性もあります。化学的なものか天然素材のものは裏の表示で知ることができますので、買う前に必ずチェックしましょう。

 

赤ちゃんのためにも、お肌にやさしいクリームを選んでくださいね。

 

肉割れを消すクリーム